「子育て」にはどんなお金がかかるの?

子どもが生まれるということはもちらん喜ぶべきことですが、その一方で子育て費用の心配もしなくてはなりません。親としては子供が成人するまで責任をもって子育てをするためには今の日本では高額のお金が必要となります。


■子育て費用とは何のお金のこと?

子育て費用とは教育費と養育費を憧憬した費用のことを指します。多くの人は教育費しか計算に入れていませんが、それは間違いですむしろ子育てのステージによっては養育費の方が大きなウェイトを占めることもあるため、どちらも無視はできません。

■出産から成人まで通してかかる合計費用

出産から保育園入園:220万円

保育園入園~卒園:430万円~530万円

小学校入学~卒業:760万円~1120万円

中学入学~高校卒業:900万円~1300万円

大学入学~卒業:650万円~2500万円

大学の2500万円というのは、私立の医学部に入った場合というかなり特殊なケースです。

小学校から大学まで国公立で行った場合でもおよそ3000万円ものこそだて費用がかかるということになります。

出産から成人までの子育て費用は少なく見積もってもおよそ3000万円もの大金が必要です。

しかし子育て時期にはいる前からの貯金、奨学金など学費をサポートする制度の利用、学資保険への加入などで費用の祖名をすることで子どもが満足いく子育てをしてあげることができます。

参考:https://gakushihoken-labo.com/kosodate/

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon