「子育て」にはどんなお金がかかるの?

「子供を持ちたいけど、子育ての費用が心配…」こんなご時世だからこそ、そんな悩みを抱えている方も多いと思います。

では子育てにかかる費用、分類するとどんなものがあるんでしょうか?

列挙してみると…


・衣類・服飾雑貨費

・食費

・生活用品費

・医療費

・保育費

・学校教育費

・学校外教育費

・学校外活動費

・子供の携帯電話料金

・おこづかい

・お祝い行事関連費

・子供のための預貯金・保険

・レジャー・旅行費


これだけいろいろなお金がかかるんですね。このようにどんなお金がかかるのかを考えて子育て費用をどんぶり勘定にしないようにすると、計画的な子育てにつながりますね!


一番お金がかかる子供の年代って?

◆「平成21年度インターネットによる子育て費用に関する調査」より引用

未就園児、保育所・幼稚園児、小学生、中学生のうち、どの時期が一番年間のお金がかかると思いますか?順位はこちらです!


1位:中学生      155万円

2位:保育所・幼稚園児 120万円

3位:小学生      115万円

4位:未就園児     85万円


保育所・幼稚園児のときよりも小学生になってからの方が安くなっています。年齢が上がるごとにかかるお金が上がっていくわけではないのがポイントです。

高校生・大学生になると、国立・公立・私立、仕送りがあるかどうか等によって金額が大きく変わってきます。

国立・公立・私立どれに行くのか、はたまた大学には行かないのか、もちろん人によって様々ですが、人生プランを子供に代わって考えてあげることは、その資金をどのように確保してあげられるのかを考える機会となります。

まだ自分は子供を持つ年齢ではないと思っている方でも、一度自分の子供の人生プランを考えてみてはいかがでしょうか。

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon