ライフスタイルを改善した効果が表れるまでは最低3ヵ月かかる

妊娠までに時間がかかる負の要因というのは、色々あると思います。体重、喫煙、アルコール摂取、コーヒーや紅茶の摂取、脱法薬物の使用、性交回数、生活水準について調査した研究では、負の生活要因がない人と、多く要因がある方では、二年近く妊娠するまでの時間に差ができるようです。(*1*2)

なかなかライフスタイルを変えることは難しいかもしれません。しかし、事前に様々な要因があることはとても大切だと思います。実際に喫煙が本当に影響するのかコーヒーや紅茶はどの程度摂取しても大丈夫なのか、それとも摂取自体がいけないのか等を知る機会がないと調べたりしませんよね。もし、将来パートナーとの間に子供を希望することでお互いが合意していてもこれらのことを知っているのと知らないのでは変わってくると思います。

もし、この記事を見ていただきライフスタイルを見直すきっかけになればと思います。


参考

*1https://city.living.jp/common/ninkatsu/1105058

*2https://city.living.jp/common/ninkatsu/1117370

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon