不妊治療ってどんな方法があるの?

子どもは欲しいけれどもなかなか自然に妊娠しない…

そんな時に「不妊治療」を検討することも一般的になってきました。

不妊治療は、妊娠を望む男女それぞれの年齢や体質を踏まえ、妊娠を望む方と主治医が相談を重ねながら、様々な治療法の中から最適な方法を試行錯誤して探り当てていくものです。その治療法は大きく二つ「一般不妊治療」と「生殖補助医療」に分かれます。それぞれの治療法の概要と代表的な手法をご紹介します。

●一般不妊治療:体内での受精を補助します

「タイミング法」

妊娠の確立を高めるために超音波検査などで排卵日を予測し、性交渉のタイミングを見極めます。

「人工授精」

運動性の高い精子を集め、妊娠しやすい時期にカテーテルで子宮に注入することで受精をサポートします。

「卵管鏡下卵管形成術」

卵管が狭まっているなどの原因で妊娠がしづらい場合に、卵管を広げるための内視鏡治療です。

●生殖補助医療:体外受精による妊娠を目指します

「体外受精・胚移植」

排卵直前の状態まで育った卵子を採取し、培養液の中で濃度を調整した精子を卵子にふりかけ、受精したらある程度発育させてから子宮に戻す方法です。

「顕微授精」

培養液内での自然受精を待つ体外受精に対して、採取した一つの卵子に顕微鏡下でガラス針を用いて一つの精子を受精させる方法です。

治療方法も多岐にわたる不妊治療では色々と迷ってしまう要素が多いことは事実です。とはいえ、迷っている分、治療開始の時期が遅くなります。そこで、不妊治療を検討し始めたら、まずは気軽に気になる医療機関へ相談してみてはいかがでしょうか。

参考

https://doctorsfile.jp/special/081/

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon