不妊症とは、「子どもを作ろうとしているが一年間できていない状態」早めの受診を

最近、「不妊症」の定義が変わったのをご存知でしょうか。

「生殖年齢の男女が妊娠を希望し、ある一定期間、避妊することなく通常の性交を継続的に行っているにもかかわらず、妊娠の成立をみないこと」を“不妊”といいます。

では、一般的に、どのくらいの期間妊娠が成立しないと“不妊症”と判断されうるのでしょうか?これは、どのくらいの期間妊娠が成立しない状態が続いたら、医療機関の診察を受ければよいのかという疑問に対するひとつの答えになります。


以前は「2年間」が一般的な理解だったのですが、日本産科婦人会は、2015年8月、この期間を、「1年間(ただし、妊娠のために医学的介入が必要な場合は期間を問わない。)」としました。

これは、最近、日本においては結婚年齢の高齢化や第1児出産年齢の高齢化が顕著となっており、なるべく早期に医療機関の受診をするように促さないと、それだけ妊娠が成立しづらくなっていってしまうという危機意識に基づくものです。


ですから、この要件に照らして「不妊」が疑われる場合は、「まだ時間があるから・・・」とか、「最近は高齢出産も増えているし・・・」などと躊躇せず、なるべく早く医療機関の診察を受け、原因の検査や有効な治療方法を聞いてみられるとよいでしょう。

参考

https://city.living.jp/common/ninkatsu/843367

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon