不妊症とはどういうものですか?

「不妊症」とは、なんらかの治療をしないと、それ以降自然に妊娠する可能性がほとんどない状態をいいます。

 特に病気のない健康な男女が妊娠を希望し、避妊をせず夫婦生活(セックス)を営むと一定期間内に大多数の方が妊娠します。しかし一定期間を過ぎても妊娠しない場合、その後いくらタイミングを取っても自然に妊娠する可能性は低くなるため、不妊症と診断することが出来ます。


 それではどのくらいの期間妊娠しなかったら不妊症と考えられるのか、すなわち「この一定期間」とはどのくらいなのでしょうか。実は、不妊症と診断できる期間は、年齢によって異なっているのです。一般に、年齢が高い夫婦では妊娠できない期間(これを「不妊期間」とよぶことがあります)が比較的短くても、それ以降自然妊娠する可能性は低くなりますし、年齢が若い夫婦では不妊期間が比較的長くても、その後自然に妊娠する可能性は残っていることが多いのです。

結婚年齢が高くなった日本でも一年以上妊娠しない場合に不妊症と診断し、年齢が高い場合には

より早期に検査と治療を開始したほうがよいという考えが一般化してきています。

近頃は、年齢に関係なく芸能人の方も高齢出産をしている方が沢山いらっしゃり、年齢高くても

子供を授かりたい方には希望も見えますよね。

仕事柄もあり、私の周りでも、沢山の方から不妊症や高齢出産のお話をお聞きします。

治療は、楽なものではありませんが、諦めずに一歩踏み出して医療機関に相談してみると、

色々な道が開けるかと思います。不妊症にて妊娠、出産を経験された方に共通している事は、

切羽詰まらず、ご夫婦で健康に気を付けながらも日常を楽しんでいる方がほとんどです。

もしも、子供を授かる事が出来なかったとしても、幸せは自分の中にあります。

そんな気持ちで不妊症と向き合ってみたらいかがでしょうか。


参考

http://www.jsrm.or.jp/public/funinsho_qa02.html

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon