卵子の数は年齢とともにどんどん減少するが個人差もある

パートナーとの間に子供が欲しいと思ってもすぐに妊娠できると良いですが排卵日にタイミングを見計らって合わせたとしても直ぐに妊娠するとは限らないようです。

女性の方はご存知の方も多いかと思いますが男性の方はあまり“妊娠しやすさ”についてあまり知らないのではないでしょうか。実は女性が持っている卵子の数はお母さんのお腹にいる時に作られるみたいです。また作られる卵子は一生分、数でいうと平均約700万個と言われています。しかし、これはお腹の中にいる時でその時がピークとなっており、それからは排卵されることなく卵巣の中でどんどんと消滅していくとのこと。ですから出生時には約700万個もあった卵子も約200万個まで減少してしまうみたいです。生まれてくるまでに約500万個も減少してしまうなんて本当にびっくりですよね。

そして、その後も思春期からどんどんと卵子は減少していき閉経時にはほとんど無くなってしまうとのことです。


最近の研究では卵子の数を推測することができる「アンチミューラリアンホルモン(AMH)」というのが発見されたということで、卵子の数が多い場合、血液中のAMHの値も高いようです。しかし、AMHが高いから妊娠率が高いというこではないという点にはお気をつけください。将来のライフプランを立てる中でこのような情報を得ることで早くからご自身の理想へとつながるかもしれませんね。是非ご自身のAMH値について知ってもらうと良いかも知れません。


参考

https://city.living.jp/common/ninkatsu/686776

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon