夫に家事をしてもらうための方法

家事をしないパートナーに困っている女性も多いのではないでしょうか。最近ではイクメンや男の料理が注目を集めておりますが、「それに比べてウチの旦那は、、」と声を漏らす奥様も少なくないです。まだまだ、現在の日本においては家事=女性の仕事という認識が多く持たれているのかもしれません。では、家事をしない夫に対してどのようにすれば手伝ってもらえるようになるのか。

まず、男性はそもそも「家事」と言っても何をして良いかわからない方も大勢居ます。現在の30代以上の方ですと、学校での家庭科は女子のみの選択科目だったということもあります。いきなり、「料理をつくってほしいと言われても、、」と戸惑ってしまうことでしょう。


そこで、まずは非常に簡単なことから頼んでみませんか。例えば、ゴミ出しなどであれば出勤前のわずかな時間でも出来ますし、あとは皿洗いなどは食後のわずかな時間だけでも行うことができますよね。少しずつ夫に家事分担をさせ、徐々にならしていくのがコツです。慣れてきたら分担表をつくるのも良いでしょう。


そして、その際に忘れてならないのは感謝の言葉です。男性は女性に比べて自尊心が高いと言われています。簡単なことに対しても「ありがとう」や「すごい」の何気ない一言が、褒められるなら次もやってみようとの意識に繋がると思います。


参考

https://best-legal.jp/husband-who-does-housework-15602

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon