妊娠・出産でどの位費用がかかるのか①

皆さんは妊娠や出産にかかる費用についてどれほどご存知でしょうか。妊娠や出産では実はけっこう費用がかさむのですが、申請すると戻ってくる費用もあります。逆に言うと申請しなければもらえないものもあるということです。妊娠や出産は病気ではありませんからその際にかかる医療費は原則自己負担となってしまいます。

でもこのことを「知っている」だけでも皆さんがその際に不安を少しでも抱かなくてすむはずです。ここでは妊娠・出産時のお金の話としてご紹介いたします。

先ずは、どのような費用があるのか大分類してみます。

① 妊婦健診費用

② 妊娠中の検査費用

③ 分娩(ぶんべん)・入院の費用

④ 出産前後にかかる費用(医療費以外)

上記のように大分類するとこんな感じですね。ではそれぞれの項目ではどのような補助金や助成金があるのでしょうか。こちらも大きく分けてみましょう。

① 妊娠や出産時に該当する人全員がもらえる補助や助成金

【健診助成制度(妊婦健診補助券)】

健診助成制度は妊婦健診費用を助成する仕組みで妊娠が確認できてから、ご自身がお住まいの自治体に行って、母子手帳と一緒に補助券を受け取ることができます。ただし、1回目と2回目では自己負担になります。

【出産育児一時金】

出産育児一時金赤ちゃん1人当たりに支給されるもので金額は42万円となります。医療機関によって違いますがこの出産一時金を直接支払いができる医療機関を選べば42万円を超えていても差額分を支払えば済むので便利です。直接支払制度が利用できない場合は出産後に健康保険組合に申請してお金をもらうことを忘れずに。

【児童手当】

児童手当は自治体によって金額が変わってきます。また所得によっても変わってきます。ご自身のお住まいの役所に出生届を提出する際に手続きをすると良いでしょう。そうすることで申請した翌月から受け取ることができる場合がほとんどです。受け取れる金額の目安は0〜3歳未満は1万5000円/月、3歳〜中学生は1万円/月が目安です。一定以上の所得がある場合は、年齢問わず5000円/月となります。必ず申請しておきましょう。

他にも夫婦共働きで企業によっては独自の制度がある場合がありますし、条件に該当すればもらえるお金などもあります。

それぞれの条件を一度調べてみておくといざという時に役立つと思います。

参考:https://hoken.zexy.net/money/lifeplanning/life15.html


  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon