妊娠適齢期について

皆さん、妊娠適齢期ってご存じですか?

勿論、年代に関わらずメリット・デメリットはあるのですが

医学的な観点(メリット)から考えると20代と考えられています。

では何故20代のメリットとしてどのようなことがあるかをご紹介いたします。

20代というのは妊娠しやすい時期であり、妊娠中の時期に医学的トラブルが比較的少ないという点です。

また出産後においての育児でも体力があり、健康であることが多いことから、子どもの発熱などいろいろなことが起こっても、比較的容易に乗り越えられることが多いでしょう。

そして、ご自身の親御さんも若い方が多いので親御さんの健康状態も良いことが多く介護をする可能性が低いと共に育児のサポートをしてもらいやすいという点でもメリットとして考えられます。更にはその子供が将来、親御さんが介護が必要となった場合にも手伝ってくれる可能性が高いということも出てきます。

では30代はというと20代と40代のメリットの中間といことになりますので40代でのメリットを説明いたします。

40代のメリットとしては40代まで妊娠・出産・育児の時間を割くことがないのでご自身の仕事に集中ができます。仕事に集中できることで仕事の技術は20代の時より身に着けることができ20代ではできなかった仕事ができるようになるということはメリットであると考えられます。

ではデメリットという点では20代と40代ではどうでしょうか。

20代のデメリットとしては仕事に就き始めたばかりでこれから仕事を覚えて今後様々な仕事ができるようになる時期となることが多いでしょう。ですからこの時期に妊娠・出産・育児があると仕事に集中することができず、技術を習得することや知識を得るための時間が長くなると考えられます。

では40代のデメリットという点では、医学的に不妊の可能性が高くなり、妊娠するにも不妊治療をするという選択をすれば治療のための時間と費用がかかってきます。

どの年代においてもメリットとデメリットがあるという点を踏まえて妊娠について考えていただければと思います。もっと詳しく知りたい方は下記を参考にしてみてください。


参考 https://city.living.jp/common/ninkatsu/710216

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon