子宮筋腫になったときにするべきことは?

女性の病気の中でも特に多い病気の一つに、子宮筋腫というものがあります。では、子宮筋腫は妊娠・出産にどういった関係があるのか。

まず、子宮筋腫とは、子宮にできる良性の腫瘍です。基本的には何らかの不快な症状がなければ、治療をすることはなく経過をみていくのが一般的です。では、子宮筋腫と妊娠・出産の関係についてですが、結論は、子宮筋腫があっても、妊娠されている方は多くいます。子宮筋腫の大きさや子宮のどの位置にあるかによって、不妊症になるかもしれないというものです。その場所によって、子宮筋腫の摘出手術を選んだり、タイミング療法などを選んだりします。そして、妊娠中に子宮筋腫の部分に痛みを感じることがある場合は、ドクターと共に慎重に妊娠経過をみていかなければなりません。帝王切開などの可能性がでてくることもあるので、気を付けなくてはなりませんね。最後に、子宮筋腫ができるメカニズムはまだ解明されてはおりません。また、子宮筋腫ができにくくする身体づくりや生活習慣の予防などもよくわかっていないのが現状です。ただ、わかっていることは、年齢が若いほど子宮筋腫の存在は少ないということです。なので、子宮筋腫という視点からしても、若いうちに妊娠・出産について考えることがよさそうですね。

参考

https://city.living.jp/common/ninkatsu/958349

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon