家事を上手にするための方法

「自分は家事下手だから・・」と卑下してらっしゃる方、居ませんか?テレビや雑誌で出て来る家事が上手な人を見ると、ついついそんな風に思ってしまう。どうして自分はああいう風になれないんだろうか、思ったことがあるかもしれません。でも、家事と言うのは基本的に毎日行うもの。何に対してもそうですが、日々の繰り返しの中で時間短縮するための自分なりのルーティンを生み出していくものですよね。こちらでは、どうすれば家事に対する苦手意識をなくせるのかを中心に見て行きたいと思います。


・「時間の使い方」に気を付けよう

 家事が上手い人と苦手な人の一番大きな差は「時間の使い方」だと言われています。日々の限られた時間の中で、何を優先して行うべきなのか。掃除や調理、洗濯にかかる時間を予め計っておき、スケジュール管理するのがコツです。

・「小分けして行う」癖をつけよう

 家事が苦手な人の謳い文句に「一度に纏めてやらないといけない」という考え方がありますが、これは大きな間違いです。一日の時間が限られておりますが、何も全てを纏めて行う必要はないのです。少し体調が悪い時などは休憩したり先延ばししても良いのです。でも、部屋が散らかってきたり、溜まった時にやろうとすると途端にやる気がなくなりますよね。やはり、日頃から小まめに行うことが秘訣でしょう。

参照URL:https://woman.excite.co.jp/article/child/rid_ItMama_86049/

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon