家事・育児をシェアが出来れば夫婦円満!!

共働き家庭が増えています。だからこそ、夫婦の家事・育児分担は必要不可欠になっています。ですが、子供が小さい時は、どうしてもママ中心の育児になりがちです。働くママは「もうちょっとパパにパパにも手伝って欲しい」という声が多いのです!!だからこそ、パパが家事や育児をシェアしてあげてママの負担を減らしてあげれば夫婦円満にも繋がります。


<妻が夫にやって欲しい家事・育児>

1位 ゴミ出し

2位 風呂掃除

3位 皿洗い

4位 子どもの学習サポート

5位 子どものお風呂

6位 トイレ掃除

7位 子どもの学校行事

8位 子どもの送迎

9位 料理

10位 布団干し


パパの家事や育児に対する意識が変われば洗濯・料理・掃除・買い物を手伝うそんなことは今すぐにでも手伝えます。

 そこで、ママが本当は手伝って欲しい「声なき家事・育児」をご紹介いたします。


「子どもと会話をする」

えっ。これ!!なんて思いますが、ママとの会話は多くあるのに以外にあまり会話がないパパも多い!!子どもの悩み事や嬉しかったことなど一緒に関心をもってもらうだけでも夫婦の会話につながり夫婦円満に!!


「子どもの食事を手伝う(一緒に食べる)」

小さい子どもがいるご家庭は、子どもに食べさせることに手一杯になりがちです。だからこそ、パパも一緒に積極的にお手伝いすれば、ママもゆっくり食事も出来ます。そんな、些細なことでママのストレス解消に繋がります。


「子どものスケジュール管理」

子どものスケジュールほとんどわかってないパパがほとんど、ママが一人で管理しているご家庭も多いのでは??パパも子どものスケジュール情報をママと協力出来れば育児シェアの第一歩!!


「食事の献立を考える」

「精神的な労働」冷蔵庫の食材をチェックし献立を考えるのは一苦労・・。夫婦一緒に献立を考える時間を作れば、会話も必然的に増えるのでは。


「子どもの学校・保育園・幼稚園の準備」

小学生なら連絡ノートの確認、記入、時間割確認、幼稚園・保育園なら着替え、タオル、オムツなんて荷物や確認事項が沢山!!多忙なパパも遅い帰宅だとしても朝少し心に余力を持てば手伝えます。


「食後、自分や家族の食器を下げる」

料理が出来ないパパならなおさら手伝うべきです。シンクにパパが運べばお皿洗いの大変さが見えてくる!!パパがお手伝いする姿を見ていれば、子どもたちも積極的に手伝うなんて好循環にもつながります。


 「ママいつもありがとう」の言葉でなによりも救われる。そんなママが大半ではないでしょうか??まずは、パパがママに感謝することが何よりの家事育児参画の第一歩です。自分が感謝の心を持てばおのずとハウスワークシェア・チャイルドケアシェアに繋がり夫婦円満の秘訣になるのでは??

参考

日経DUAL:https://dual.nikkei.com/atcl/column/17/092600127/092600001/

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon