産休前&産休中にやっておきたいこと

働いている妊婦さんの中には日々の仕事や家事をしながら生まれてくる子のための準備等を考えらえることもあるかと思います。そのような時に参考になると幸いです。

こちらは様々な方に聞いたこと等をまとめさせていただきました。

産休前&産休中にしておいて良かったこと

1 急な陣痛の時の対応(パーターン)を事前にパートナーと話しておく

陣痛はいつくるか分かりません。そのような時に焦らないためにも陣痛がきたときにパートナーがいる場合やすぐ近くにいて駆けつけられる場合といない場合やすぐに駆けつけられない場合を相談しておくと良い。

2 簡単な家事をパートナーと共有しておく

急な入院に備えてパートナーと日々の家事について共有しておくことで入院中も最低限の生活が行えます。ゴミ出しや洗濯など簡単なことから共有しておくと良い。

3 赤ちゃんの物をある程度準備しておく

急な入院となると中々自分が欲しかったベビーグッズなどを揃えることができない場合があります。ベビーグッズなどをリストアップしてパートナーと共有して揃えられるものは揃えておくと良い。

4 産後に使うママの物も準備しておく

産後に着用する授乳服などもその一つ。産後にママが必要だなと思うものもリストアップしてパートナーと共有しておくと良い。

まだまだ考えるとたくさんありますがこのように準備しておいて良くないことはほとんどないのではないかなと思います。

何よりも大切なのはパートナーと共有してお二人で生まれてくる赤ちゃんのことを考える時間を設けることが産後の生活がより良くなるものにつながるのではないでしょうか。

参考 

https://brava-mama.jp/2016100484458/

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon