男性の年齢が高くなると生まれた子は精神疾患を持つ可能性が高くなる!?

女性の加齢による妊娠のしにくさはみなさんご存じかと思いますが、今回は男性の加齢に伴う妊娠リスクのお話です。実は男性の年齢に伴い、精子も年を取るのです。ざっくり言うと精子の質が低下していくのです。

精子の元(精原細胞)は母親の胎内にいる頃に20回ほど分裂しその後はしばらくそのままなのですが、思春期ごろから分裂を始めて40歳に至る頃には741回も分裂するのです!想像できませんよね。ちなみにその他の臓器はその10倍分裂する事がざらですから、一つの臓器としては少ないほうなのです。この分裂回数、卵子に比べるととても多い分裂回数となります。分裂すれば分裂するほど新しい精子になり都合が良い感じがしますが、実はこの多い分裂回数が問題なのです。

この分裂の中で年に2回ほど間違えたデータで分裂してしまうのです。ざっと計算すると、40歳になるまでにあくまで平均の数値ですが、48回の間違いが起こります。年齢を経れば経るほどに間違いの回数は増えていく訳です。事実、高齢の男性の子供の場合その精子の影響により自閉症、鬱、等の精神疾患が増加することがわかっています。女性の年齢が若ければという考え方は無くさなければだめですね!


参考

https://city.living.jp/common/ninkatsu/793260

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon