男性不妊を予防する生活習慣って?

不妊の男性側の原因の中でも「精子の質」は気になるところ。精子を作る体のコンディションに、「精子の質」は左右されるのだろうということは何となくイメージはわきますよね。

 まだまだ解明されていない事も多いとはいえ、気を付けた方がよい生活習慣をいくつかご紹介します。

■喫煙

 煙草を吸うと血管が収縮し血流が悪くなり、勃起不全を招く原因になるだけでなく、精子の数や運動性のいい精子の減少や、精子のDNA破損の恐れも。

■長風呂・サウナなど

 精巣は熱に弱いため、サウナや長風呂が元気な精子を作る妨げになる可能性も。他にも、風通しの良い下着のチョイスがおすすめです。長時間の自転車走行にもサドルの刺激で精巣付近の血流が悪くなるリスクが潜んでいます。

いかがでしたか?

 喫煙は予想どおりとして、「健康のために」と心がけている入浴やサウナ、運動習慣が裏目に出てしまうこともありうることは驚きですよね。

 外にも、健康的な食生活や睡眠時間などの生活習慣にも気を付けて、元気な精子を生み出しましょう!

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon