知ってほしい、精子の老化について

皆さんは男性の加齢による精子の老化についての話をご存知でしょうか。

昨今では男性も女性も晩婚化が進みパートナーとの子供を望むときには女性が高齢となっており高齢出産が多くなっているや不妊で悩んでいる方が多いということは良く聞く話ではあると思います。しかし、その不妊の原因は男性にもあるということはご存知でしょうか。

男性の精子が加齢と共に老化をしていき、相手の女性を妊娠される能力の低下には、精子が作られるところから射精されるまでに関わるいろいろな部位が総合的に関与していくことをお伝えいたします。

年齢を経ることによって当然ですが身体の様々な部位が老化し機能が悪くなります。それが、相手の女性の妊娠する能力の低下につながるということは想像できますよね。

では女性の場合はどうなのでしょうか。

卵子の場合、女性の加齢によって卵子の数が減少し、質が低下するだけでなく、卵子を運ぶ卵管や受精卵が着床する子宮も機能や形態が悪くなっていきます。

他の記事に詳しく記載しておりますが女性の卵子は母親のおなかの中にいるときにすべての卵子が作られ、の後は作られることなくどんどん数が減少していきます。

男性の方はあまり自分の精子が老化しているとは思わないのではないでしょうか。

でも実際には身体も老化していますので様々な機能に変化は出てきて当然のことであると思います。


実は男性が高齢の場合で生まれた子供には、自閉症、鬱、多動性障害、双極性障害などの精神疾患が増加することが研究結果でわかっております。女性の年齢が及ぼす卵子への影響とはまた異なりますが、男性の年齢も精子にいろいろな変化を起こしていることを知っていただきご自身のライフプランに役立てもらえると良いかなと思います。

参考

https://city.living.jp/common/ninkatsu/793260

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon