結婚にかかる費用とは?

挙式をはじめとして、結婚にはお金がかかるイメージがありますよね。実際、いくらかかるのでしょうか?


挙式・披露宴の費用は約354.9万円という調査結果があります。(データ出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2019」より平均値)。この出費の大きさに腰が引けてしまいますが、結婚式は出費も多いけれど、入ってくるお金も「ご祝儀」「親からの援助」「お祝い金」と多いのです。ゲストが多いほどご祝儀も増え、自己負担額が減る傾向になります(ご祝儀の額は予想より少ない場合もあるので、あてにしすぎず、感謝の気持ちで受け取りましょう!)。会社や労働組合からお祝い金が出る場合もあるので要チェックです。


結婚式のほかにも、婚約関連の費用相場170万円(婚約指輪、結納会場費、結納金、結納品)、式後にかかる費用相場73万円(ハネムーン、お土産代、結婚報告ハガキ、お礼・お返し費用の目安:結婚祝い金の約5割、etc.)、新生活にかかる費用相場72.3万円(インテリア・家具、家電製品、etc.)などなど、出費は様々…

「これが標準だから」ではなく、結婚に何を求め、どこにお金をかけていくのか、パートナーと(ご親族とも)よく話し合って、費用面でも納得できる結婚をしたいですね。


参考

https://zexy.net/mar/manual/kiso_okane/chapter1.html

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon