育児休業中の給与はもらえるの?

満1歳未満の子を養育する労働者は、男女を問わず、原則として子が満1歳に達するまでの期間(1歳の時点で保育所への入所ができないなど特別の事情がある場合には1歳6か月まで)、育児休業を取得することができます。

ただ、その間は給与が出るのか気になるところですよね。ここでは、育児休業中のお金にまつわる疑問を解消していきます。

実は、法律上、事業主は、育児休業の期間中賃金(給与等)を支払う義務はありません。企業によっては手当を支給しているところもあるようですが、それもごく一部です。こう聞くと、仕事を休むことはできても収入がなくなってしまうのではとても生活していくことができない、子どもをもつことをあきらめるしかないのではないか…と考えてしまいそうになります。

ただ、事業主からは賃金をもらえなくても、雇用保険法という法律があって、そこには、育児休業取得者のうち一定の要件を満たす場合には、休業前の賃金の67%(ただし育休開始から6か月経過後は50%)を支給するという育児休業給付制度が設けられています。この制度により、育児休業中も一定の収入は確保できるわけですね。

 共働きの世帯が全体の半数を超える今日、賢く育児休業制度を利用して、仕事と子育てをうまく両立させたいものです。

参考

厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/content/11900000/000344772.pdf

@DIME https://dime.jp/genre/698835/

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon