自宅で精子の状態を計測するキットが売っている

不妊原因で、男性が関わる割合は30~50%と言われており、男性の検査はとても大切です。


男性不妊の検査にもいろいろありますが、まず行うのは精液検査です。容器に精液を採取して、精液の量、色、精子濃度、精子運動率、精子の奇形率などを調べます。値が悪いときは、LH、FSH、テストステロンなどのホルモン検査をします。


ここまでは、産婦人科医の不妊専門クリニックで受けることができますが、それ以上の男子不妊検査は、泌尿器科医で不妊専門の医師がいるクリニックで受ける必要があります。

多忙でクリニックへ行く余裕がない場合は、精液測定キットを用いる方法もあります。最近、スマートフォンがあれば自分で精液検査ができるキットが売り出されました。このキットを利用すれば、自宅で検査が可能です。測定結果もかなり信頼できるようですので、検査結果が悪いときは不妊専門クリニックにて、より詳しい検査を受けてください。


精液検査はとても大切な検査です。なかなか妊娠しないと悩まれている場合、少しでも早めに精液の状態を検査していただくと良いかもしれません。

参考

https://city.living.jp/common/ninkatsu/922846

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon