葉酸が不足すると胎児の神経異常が起きやすい

妊婦は、倍の摂取量が必要

葉酸は、造血効果のある栄養素です。最近では、脳卒中や心筋梗塞などの循環器疾患を防ぐ効果も報告されています。


妊婦に関しては、神経管閉鎖障害の先天異常のリスクの軽減が期待できると欧米諸国で報告されております。日本人の葉酸の一日の摂取の推奨量は、240μgです。例えば、ほうれん草(茹で)には100gあたり約210μg、アスパラガス(茹で)には100gあたり約190μg摂取することができ、通常の食生活で、葉酸が欠乏することはありません。*1、2

ただし、妊婦の方は注意が必要です。葉酸の摂取推奨量が480μgと成人の倍必要になるのです(ちなみに、アメリカだと600μgが推奨摂取量になっています)。

必要であれば食事だけではなく、サプリメントの摂取も考えてもいいかもしれません。


参考

*1 https://city.living.jp/common/ninkatsu/1053107

*2 日本ビタミン学会 https://www.vitamin-society.jp/qa/

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon