負のライフスタイルが5以上あると、妊娠までに平均25ヶ月以上かかる

ライフスタイルと妊娠との関係についての研究(Hassan MAH et al. Fertil Steril 81; 384-392, 2004 )で、体重・喫煙・アルコール摂取・コーヒーや紅茶の摂取・脱法薬物の使用・性交回数・生活水準について検討されています。

このうち、妊娠までにかかる時間に影響した項目は、女性の体重・女性の喫煙・男性のアルコール摂取・女性のコーヒーや紅茶の摂取でした。

負の生活要因として、女性のヘビースモーカー、男性のヘビースモーカー(>15本/日)、多量の飲酒(>20単位/週)、頻回のコーヒー・紅茶摂取(>6杯/日)、女性のBMI(>25kg/㎡)、女性年齢(>35歳)、男性年齢(>45歳)をあげ、これらの要因の数と妊娠までに要する時間とについて検討しています。

負の要因数が0の人は妊娠までに3.4カ月かかっていますが、負の要因数が増えるに従い、妊娠までに要する時間も増えています。4つの負の要因を持つ人では、15.1カ月、5つ以上の人では、25.0カ月かかっています。要因が重なるほど、妊娠しにくくなることがわかりました。

現在行っている習慣を変えることは大変だと思いますが、変えようと思えば、変えることができる要因がほとんどです。現在、妊娠しようとしているのになかなか妊娠しないようでしたら、これらの負の要因の数を減らすことを考慮してみることもよいでしょう。

参考

https://city.living.jp/common/ninkatsu/1117370

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon