障害の子供を持つ家族への支援

障害児の親のメンタルヘルス支援のあり方について,「保護者のためのこころのケア相談」に導入されたケースを直接担当している専門職へのアンケートから明らかにした。

「保護者のためのこころのケア相談」の機瀧と効果は,①親にとって障害のある子どもに限定しない問題を受容されることによって安定すること,②支援者にとって,親のアセスメントを多面的に深化させ,プランニングやアプローチを考慮でき,その結果子どもへの発達支援を有効に実施できることが明示された。今後の療育システムには,親のためにも支援者のためにも保護者支援に特化した専門職の配置が望まれる。


子どもの支援を効果的にするためには, 保護者が健康で安定できるための支援も同時に必要で

あるという意見が数多く挙げられた。子どもの状況は,母のメンタル状態から大きな影響を受け,母親が穏やかに安定した心でいることは,とても大切なことなので保護者のこころのケア相談がある事が大切である。

人は鏡。笑顔の人と居ると自然と笑顔になり、不機嫌な人と居ると気分が悪くなった経験は

誰しもあるのではないでしょうか。

一番影響するのが、一番一緒に過ごしている保護者と子供であると考えます。

保護者が穏やかな安定した心でいられる環境を作れる様、障害に対し、多くの方が協力し、理解のある世の中にして行きましょう。


参考

https://www.jschild.med-all.net/Contents/private/cx3child/2015/007403/016/0460-0466.pdf

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon