11日以上禁欲すると精子の性状は低下する

妊娠、出産に関して、男性が知っておいた良いことや、間違えた認識を持っていることは、まだまだたくさんあると思います。

例えばですが、皆さんは、禁欲期間が長いほど精子が貯蓄されて、たくさん良い精子が準備されると思っていませんか?答えは、9489個の精液検体の研究結果では、なんと!11日以上禁欲した精子は、運動率や性状形態精子率は低下してしまうことがわかりました。とても意外ですね。この事実を知らない人はとても多いのではないでしょうか。


では、どれくらいの禁欲期間が高い数値を誇るのか。それは、正常形態精子の率だと、0日~2日であり、総運動精子数においては、4日以上の禁欲期間を設けた方が高い数値が出ました。その中で、精子減少症の人なども考慮した際に、もっともより良い結果が得られる可能性が高いのは、禁欲期間1日~2日とであると、研究結果から考えることができています。意外と忙しないものなのですね!妊活・不妊治療でのタイミングは、排卵日数日前から1日おきにタイミングをとってみると良いかもしれません。今まで間違えた認識をもって間隔を長く空けてしまっていた人は、これを機にサイクルを変更してぜひともトライしてみてください。

参考

https://city.living.jp/common/ninkatsu/1093301

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon

© 2020 by 公益社団法人 日本青年会議所 人口政策推進会議. Proudly created

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon
  • Black Twitter Icon